ブログ

SEO

美容室・美容院の集客方法について【ポータルサイトを卒業する方法】

著者 平井 東

(株)SBMコンサルティング 代表取締役

経営コンサルティング会社・デジタルマーケティング会社等を経て(株)SBMコンサルティングを設立。マーケティング戦略の立案から、SEO・MEO・リスティング広告・ホームページ制作などの施策を一気通貫で行うことで成果を出している。
中小企業の売上を拡大することに特化した支援を行なっている。
経営コンサルティングの国内唯一の国家資格:中小企業診断士の資格を保有
SBMCの起業塾:代表
Azumablog:運営者
YouTubeチャンネル:中小企業診断士/平井あずま(半年で収益化)
講師実績:大学・セミナー・イベントなど、講師としての実績多数

美容室の集客

美容室・美容院の集客方法について【ポータルサイトを卒業する方法】

美容室で集客する方法を記載していきます。

美容院を経営している方は必見の集客方法となります。

初回割引目当てのポータルサイトからのユーザーではなく、リピートをしてくれる質の高いお客様を集客するための方法をお伝えします。

美容室・美容院が集客するための5つの方法

①集客の設計図作成

②SEO

③MEO(ローカルSEO)

④リスティング広告

⑤ホームページ制作

これから上記5つの集客方法について、

それぞれ詳細を見ていきましょう。

美容室のための集客の設計図

集客の戦略を立てて、PDCAを回し、集客の全体像を設計している方はどのくらいいるでしょうか?

集客にお困りの方は、必ず作りましょう。

集客の設計図を作らないと、継続的に集客することができません。

集客の具体的な情報につきましては、メルマガでさらに詳しい情報をお伝えしていますので、ご希望の方は登録してください。

無料メルマガの登録はこちら

会社に資産として残り続ける営業マン

営業マンを雇って集客!なんてことは、美容室の場合はできません。

できることは折り込みチラシか店舗付近でのチラシの配布くらいでしょうか?

広告費用が不要で資産性が高いマーケティングとして有名なのは、SEO対策とMEO対策です。

SEO対策を正しく行えば24時間、見込み客が検索した時に見てもらうことができます。

24時間自動的に営業してくれる営業マンを雇っているようなものです。

美容室のSEO対策

SEO対策とは、GoogleやYahooの検索エンジンを活用した際に検索結果を上にあげることをいいます。

会社名で検索した際の検索結果の表示位置はもちろんですが、「県名 美容室」「市町村名 美容室」などで検索した際に、検索結果が1ページ目に出てくれば集客できるホームページになるでしょう。

ただし、2ページ以降に検索結果が表示される場合、集客は難しいです。

ポートサイト頼りから脱却するために、自社サイトでSEO対策を強化しましょう。

美容院のMEO(ローカルSEO)

MEOの検索結果は、SEOの検索結果よりも上に表示されます。

MEOの順位が3位に入ると、SEOの検索結果に表示されるようになります。

MEO対策とは、 SEO対策と同様にGoogleの検索エンジンを活用して、「地域名 美容院」等で検索した際のGoogleマップの検索順位のことを言います。

美容室・美容院のような地域性が強いビジネスの場合、MEO対策は必須となります。

MEO対策自体は難しくないため、ご自身で行うことをお勧めします。

MEO対策のやり方を知りたい方はメルマガにて発信していきますので、ご登録して勉強してください。

弊社のクライアントの美容室では、MEO対策を行なった結果、毎月1万回以上検索結果に表示されるようになりました。

1万回検索結果に表示されるために、広告を使ったらかなりの金額を使うことになります。まずはMEO対策を徹底的に行い、集客力を強化していきましょう。

無料メルマガ登録はこちら!

美容院のSNS集客

SNSで有名なものは、Instagram・Facebook・Twitter・Pinterest等があります。

美容室の場合は、髪型などのビジュアルで訴求しやすい、InstagramやPinterestがいいでしょう。

フォロワーともコミュニケーションが取れるため、ファンをつくるためにうまく活用することをおすすめします。

美容室の集客で広告費用が必要になるもの

リスティング広告をご存知でしょうか?

代表的なものは、GoogleやYahoo!で検索をしたときに一番上に表示されているものを指します。

よく見ると、左上に「広告」と書いてあります。

美容室の場合、リスティング広告を運用している会社は少ないので、高い効果が出る可能性があります。

リスティング広告の集客(美容室編)

リターゲティング広告の集客

一度自社のホームページにきた人だけに、追跡してディスプレイ広告を出すことをリターゲティング広告といいます。

みなさんも体験したことがあるかもしれません。

例えば、ついさっき見ていたサイトの広告がInstagramにでてきたらそれはリターゲティング広告です。

リターゲティング広告は、比較的少ない予算の中で高い効果を出すことが期待できます。

検索連動型広告(美容室編)

ユーザーが自ら検索して情報を探しているので、モチベーションが高いユーザーと言えます。

SEO対策は時間がかかる場合がありますが、

検索連動型広告の場合は広告費をかければ、すぐに成果を出すことができます。

リスティング広告・SEO対策・MEO対策を全て行うことで、検索結果の画面占有面積を高めることができ、高いクリック率につながります。

予算の範囲内でリスティング広告を運用してみましょう。

【ポータルサイトに依存した集客の場合】

①Google検索でポータルサイトをクリック→②ポータルサイト内で見つけてもらいクリック→③予約

の3段階となります。

【自社サイトで集客する場合】

①Google検索で直接自社サイトをクリック→②予約

の2段階となります。

自社サイトでの集客ができれば、一段階ステップを排除して直接集客することができます。

効果も高くなりますので、リスティング広告の運用でテストしてみることをおすすめします。

SNSの広告による集客(美容室編)

SNS広告の代表的なものでは、Facebook広告・Instagram広告・Twitter広告・LINE広告などがあります。

こちらは、バナーを使った広告であるため、美容室のような髪型の画像など、ビジュアルで訴求できる商材・サービスの場合効果が出やすいと言えるでしょう。

ポータルサイト脱却のためのホームページ制作

ポータルサイトへの依存を脱却するためには、ホームページの制作は必須となります。

ただ作ればいいのではなく、SEO対策はしやすいホームページ・成約率が高いホームページを作る必要があります。

100人ホームページにきて1人が体験予約してくれるホームページよりも、100人ホームページに来たら5人が体験予約をしてくれるホームページの方が、SEOの効果やリスティング広告の効果を高めてくれることは明確です。

受け皿であるホームページの質を高めることも、SEO対策と同様に行う必要があります。

ここで問題なのが、ホームページ制作会社と、SEO会社、リスティング広告の会社が全て違うと一貫した説得力のあるマーケティング施策を行うことが難しくなります。

SBMコンサルティングでは、戦略の作成から全てのマーケティング施策の実行作業までを行なっていますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

最後に

優先順位としては、

①集客の設計図作成

②ホームページ制作

③SEO

④MEO(ローカルSEO)

⑤リスティング広告

⑥ホームページ制作

という順番になります。

①②③ができていない場合は、ネット集客ができない状態ですので、早急に対策を行いましょう。

④⑤⑥ができていない場合は、さらに効果を高めて市場シェアを拡大することが必要となります。

これさえしっかりと行えば、他の市町村へ多店舗展開をしても成功する確率が高まります。

集客のノウハウを手にすれば、新しい地域で同じことを行えば集客はできるのです。

具体的なアドバイスを行う無料コンサルティングを毎月行なっていますので、ご興味のある方はお申し込みください。

無料コンサルティングに申し込む

関連記事:【美容室・美容院のSEO対策】たった3つの方法

関連記事:パーソナルトレーニングジムの集客方法【SNS集客から卒業する方法】

関連記事:パーソナルトレーニングジムのSEO対策の豊富な実績

トップページ:集客コンサルティング

たった一度の無料相談が
あなたの会社を変えるかもしれません
毎月3社限定で無料コンサルティングを受け付けておりますので
今すぐ申し込みください