ブログ

【エステサロンのホームページ制作】に特化しているおすすめの制作方法

著者 平井 東

(株)SBMコンサルティング 代表取締役

経営コンサルティング会社・デジタルマーケティング会社等を経て(株)SBMコンサルティングを設立。マーケティング戦略の立案から、SEO・MEO・リスティング広告・ホームページ制作などの施策を一気通貫で行うことで成果を出している。
中小企業の売上を拡大することに特化した支援を行なっている。
経営コンサルティングの国内唯一の国家資格:中小企業診断士の資格を保有
SBMCの起業塾:代表
Azumablog:運営者
YouTubeチャンネル:中小企業診断士/平井あずま(半年で収益化)
講師実績:大学・セミナー・イベントなど、講師としての実績多数

エステサロンのホームページ

エステサロンがホームページを制作するときに気を付けておくべきことをお伝えします。

このブログを最後までみれば、大きな損失を受けるリスクを回避できます。

WEB業界は、会社ごとに品質が大きく異なりますので、気をつけましょう。

エステサロンのホームページで気をつけるべきこと

エステサロンのホームページで必ず注意して欲しい点をご紹介します。

BtoCの店舗を構えて、お客様に訪問していただくサービス業はホームページ集客がとても大事です。

また、単価が高いエステサロンは、ネット上で必ずといっていいほど比較検討されますのでこだわって制作しましょう。

気をつけること①デザイン性

エステの高品質のホームページ制作

『綺麗になりたい』『美しくなりたい』と思ってエステサロンのホームページを見にきます。

このような人に、綺麗ではないホームページを見せても予約はきません。

また、InstagramなどのSNSで綺麗な写真を投稿している女性は多く、綺麗なものを見るのに目が肥えている状態です。

無料で活用できるSNSよりも質が引くWEBサイトで集客できるはずがありません。

気をつけること②差別化

差別化で気をつけてほしいことは意外かもしれません。

私はたくさんのエステサロンのコンサルティング・集客を支援してきました。

その中で、よくある間違いNo1は、差別化を勘違いしていることです。

差別化しなきゃ・・・という意識に駆られて、差別化することが目的となってしまう場合があります。

差別化の目的は、他社との違いを明らかにし、自社のサービスの方がいいですよ、という提案を行うことです。

『エステサロン』という言葉を聞いてイメージできる『綺麗になります』『小顔になりそう』『肌が綺麗になりそう』『痩せそう』…etcのようなイメージを無視するのは危険です。

悪い例)私のエステは、A市で一番美味しいコーヒーを出します。(コーヒーならスタバの方がいい)

悪い例)私のエステは、肩こりを改善します。(肩こりの改善なら整体・接骨院などの他のサービスがある、自ら競合のサービスを増やすことになる)

※著者の主観も入りましたがご了承下さい。

気をつけること③ブランディング

エステのWEBサイト制作

エステサロンのホームページは直接的にブランディングに影響します。

新規の予約先を探す見込み客に、綺麗では無いホームページ、何を伝えたいのかわからないホームページを見せ続けると、『あの古いホームページのエステね』というブランドが出来上がります。

消費者の目に触れる部分は細心の注意を払いましょう。

検索順位が上がりやすいホームページ制作が必須

一番伝えたいことは、『ホームページは見られないと作る意味がない』ということです。

作って終わりだとホームページ集客はできません。

当たり前の話ですが、毎月1人にしか見られないホームページと毎月1万円に見られるホームページがあった場合、どちらのホームページから予約が多いと思いますか?

このように、エステサロンはホームページをたくさんの人に見てもらうことが重要です。

検索順位を上げることを『SEO対策』といいます。

SEO対策について少し見ていきましょう。

店舗名で検索順位が上がればいいは嘘?

よくある間違いとしては「店舗名」では検索順位が1位なのでSEO対策できています。

というお話しです。

どこが間違いなのか見ていきましょう。

店舗名は知らない前提

WEB集客を成功させようと思ったら、店舗名を知らない『エステサロンを探している見込み客』を獲得することです。

店舗名を知っているお客様は既存のお客様か、たまたま店舗の前をよく通りかかる人くらいです。

そのような立地に影響を受けない集客はSEO対策に強いホームページの制作で実現しましょう。

検索順位を上げるべきキーワードとは

検索順位を引き上げるべきキーワードを特別にご紹介します。

・市町村名+エステサロン

・市町村名+フェイシャルエステ

・市町村名+筋膜リリース

・市町村名+ハイフ

・市町村名+痩身

・市町村名+小顔エステ

・・・etc

このように、市町村名と一般的なサービス名称で検索順位を引き上げることが大事です。

この市町村とサービス名称のキーワードで調べる人の意図(なぜ調べたか)を考えると、特定の地域でエステサロンを探している人になります。

また、通える範囲のエステをホームページで探す人です。

つまり、エステサロンに興味があり、検索をして、比較検討段階にきている人です。

つまり予約に近い熱量が高い見込み客となります。

必ず対策をしましょう。

SEOとホームページ制作の関連性

SEO対策の強さ・ポテンシャルはホームページの制作段階である程度決まります。

とりあえず、ホームページを作ってブログを書けばいい。

という話ではありません。

エステサロンの場合は、トップページや固定ページの検索順位を引き上げることがとても大事です。

SEO対策とホームページ制作はそれぞれ別途行う必要がありますが、SEO対策の効果が現れやすいホームページを制作しましょう。

エステサロンのホームページ制作での重要項目

検索順位が上がりやすいホームページは、『ページスピードが速い』『SSL化』『サイト構成』『WEBサイト構造』『SEOに強いライティング』など様々です。

弊社のWEBサイト制作では、国内トップクラスのページスピードのホームページを制作実績があります。

エステサロンを探すユーザーのニーズを考える

エステサロンのホームページでは、コンセプトを固めてコミュニケーションを取る必要があります。

そのために欠かせないのが、ターゲットのニーズを考えるということです。

お客様の求める価値を提供しなければなりません。

『痩せる』『美しくなる』という価値の先にある、『モテる』『羨ましがられる』『鏡の自分を見て幸せな気持ちになる』『綺麗になっておしゃれな街に行く』『日々の生活を楽しくなる』このように、本当に提供する価値はさらに奥にあるはずです。

お客様も、言葉にはしませんが潜在的に感じている価値は、その先にあります。

このように、本当に求めている価値が提供できることを感じてもらえるホームページにする必要があります。

ホームページは一言一言に伝えたいメッセージの意図があります。

写真も・デザインも全て戦略的に作る必要があります。

トップページは縦長で作成

トップページは一番多く見られるページです。

トップページはただのリンクを貼り付けるページではなく、お客様が求める価値を提供できることを必ず伝えましょう。

あくまでこちらが伝えたい情報ではなく、見込み客が知りたい情報を載せる。

という徹底的にニーズ主義を追求することが大事です。

スマホで見た時に最適な状態にする

エステサロンのホームページはスマホで見られることのほうが多くなっています。

このようなBtoCのサービスである、エステサロン・脱毛サロン・パーソナルジムなどはスマホでの見え方が重要です。

ホームページを制作する場合は、スマホのデザインも必ず用意していただきましょう。

SSL化を必ず行う

https

URLの横に『保護されていない通信』という表記があるホームページは未だにあります。

ホームページのURLの中の表記で、httpをhttpsにする必要があります。

ホームページ制作をする会社として、当たり前にすることなので、もしお願いしようと思っているホームページ制作会社の制作事例を見て『保護されていない通信』の表記が出てきたら依頼をやめましょう。

良質な写真を必ず使う

写真は必ず良質なものを使いましょう。

特にbefore afterについては、一番見られる部分ですので最低元一眼レフor最新のスマホで特別画質が綺麗なものを使いましょう(iPhone13 pro maxなど)

キャッチコピーでユーザーは離脱する

ホームページを開いて最初に見える部分であるファーストビュー・キャッチコピーの内容を見ただけで半分近くの人が離脱してしまいます。

見込み客に刺さるキャッチコピーを検討しましょう。

キャッチコピーはコンセプトを端的に述べる

伝えたいことがたくさんあると、キャッチコピーが長くなりがちです。

しかし、短くて強烈な内容で考える必要があります。

簡単ではありませんが、一度作って終わりではなく落ち着くまで改善しましょう。

自作のホームページで集客は可能?

自作のホームページでエステサロンが集客できるかについてですが、答えはNoです。

自作では難しいのが現状です。

無料で簡単に作れるツールが増えていますが、検索順位が上がりにくくセールスライティングのノウハウがない場合は、なかなか見込み客のニーズに応えられないサイトになってしまいます。

どのツールで制作するのがおすすめ?

Wixやペライチなどの無料のツールでは、デザインに限界もありますし検索順位は上がりません。

どうしても自作する場合でもWordPressを活用すると良いでしょう。

ただ、ベストなのはエステサロンの集客実績があるマーケティング会社に依頼することです。

お金はかかりますが、その分効果も高くなります。

大手ポータルサイトから脱却しよう

エステサロン業界は大手のポータルサイトが強いためなかなか検索順位を上げにくいのも事実です。

そのため、ローカルSEO対策と言われるMEO対策が必要になります。

Googleマップの検索順位を引き上げて、集客を強化しましょう。

SBMコンサルティングのホームページ制作

弊社は、経営コンサルティングとWEBマーケティングの事業を行なっています。

そのため、経営の視点でWEBサイトの制作が可能です。

私たちの仕事は、ただ綺麗なホームページを作ることではありません。

コンセプトを固めるところからご支援し、お客様のニーズに刺さるホームページ、検索順位が上がりやすいホームページを制作します。

そして、ほとんどのお客様にはその後の集客支援のSEO対策をご依頼いただいています。

もちろんWEBサイトの制作のみも可能です。

無料相談

SBMコンサルティング

エステサロンの経営者様で、集客にお困りの方、ホームページを作りたい方はぜひ一度無料相談にお申し込みください。

みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

たった一度の無料相談が
あなたの会社を変えるかもしれません
毎月3社限定で無料コンサルティングを受け付けておりますので
今すぐ申し込みください