ブログ

店舗ビジネスに最適なSEO対策

著者 平井 東

(株)SBMコンサルティング 代表取締役

経営コンサルティング会社・デジタルマーケティング会社等を経て(株)SBMコンサルティングを設立。マーケティング戦略の立案から、SEO・MEO・リスティング広告・ホームページ制作などの施策を一気通貫で行うことで成果を出している。
中小企業の売上を拡大することに特化した支援を行なっている。
経営コンサルティングの国内唯一の国家資格:中小企業診断士の資格を保有
SBMCの起業塾:代表
Azumablog:運営者
YouTubeチャンネル:中小企業診断士/平井あずま(半年で収益化)
講師実績:大学・セミナー・イベントなど、講師としての実績多数

店舗ビジネスのSEO

店舗集客に最適なSEO対策は、複数のGoクエリで検索上位を獲得することです。詳細は読み進めていただきご確認ください。店舗の集客で最も費用対効果が高いWeb集客施策がSEO対策です。

※SEOとは、検索エンジンの最適化を意味しており、GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索順位を引き上げるための施策になります。

店舗ビジネスを展開している方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

sbmアカデミー

店舗ビジネスのSEO対策

店舗ビジネスのSEO対策は『地域名+サービス名』で検索上位をとることが重要です。例えば『A市 パーソナルジム』『B市 エステサロン』『C市 整体』のようなキーワードになります。これはGoクエリ(検索クエリの詳細はこの後説明します)のKWになります。Goクエリは、自分が通いたい店舗を探している時に検索するキーワード群になります。

検索クエリ(検索意図)とは

検索意図

先ほどGoクエリについて少し触れました。検索意図というのは、ユーザー(検索をする人)がどんな意図を持ってその言葉で調べるのか?という検索意図をもとに分ける考え方になります。検索意図ごとに検索結果の最適化が行われており、『地域名+サービス名』で検索をした場合は、Googleの検索結果にGoogleマップの情報が出てくるようになっています。その他の検索意図のキーワードの場合は、マップの情報が出てこないようになっています。

それでは、それぞれの検索意図について見ていきましょう。

Knowクエリ(知りたい欲求)

Knowクエリは、特定の情報を知りたい時に検索をするためのキーワード群になります。具体的には、『SEOとは』などの『とは』がよく使われるキーワードになります。知りたい情報の検索になりますので、他の検索意図よりも検索回数が多い可能性があります。

Doクエリ(したい欲求)

Doクエリは、自分にしたい時に検索をする時のキーワードになります。具体的には、『SEO対策の方法』などの『方法』『やり方』などが該当します。自宅でダイエットがしたい人は『自宅 ダイエット 方法』などで検索をするかもしれません。このような、自分で取り組む方法になります。この検索意図では、動画が検索結果に出てくることが多くなっています。

Goクエリ(行きたい欲求)

Goクエリは、店舗ビジネスを行う人には必須の『近くの特定の場所に行きたい』という検索意図になります。対象になるのは、店舗を構えていて消費者が来店するサービスが中心になります。

例えば、『居酒屋』『パーソナルジム』『エステサロン』『整体』『クリニック』『歯医者』などです。Goクエリは、他の検索意図よりも売上に直結しやすいキーワードになるため、人気で競争が激しいキーワードになります。

店舗ビジネスを行っている人は、Goクエリのキーワードの対策を実施しましょう。

Buyクエリ(買いたい欲求)

Butクエリは、EC通販などのネット上で商品を購入したい人向けのキーワードになります。店舗ビジネスの場合は、あまり必要のないキーワードになります。必要になる例としては、エステサロンがOEMで化粧品を作ってネット販売をする場合や、パーソナルジムで、プライベートブランドでプロテインを作る場合などは、Buyクエリの対策をする必要が出てくるかもしれません。

店舗ビジネスのローカルSEO(MEO)

meo

ローカルSEO(MEO)とは、Googleビジネスプロフィールの最適化のことを指します。具体的にはGoogleマップの検索順位を上に引き上げることを指します。『A市町 パーソナルジム』『B駅 居酒屋』など、の特定の地域の店舗を探しているキーワードで検索された時にGoogleマップの情報が出てくるようになっていますので、その順位を引き上げます。Googleの通常検索の場合でも3位まではマップが出てくるようになっています。

今すぐに近くの店舗に行きたい!という検索ニーズを満たして、来店していただくために必須になります。MEO対策のノウハウを無料で一部公開していますので、興味がある人はSBMアカデミーの無料講座で勉強してみてください。

メリット①認知度拡大

認知拡大

店舗ビジネスがSEO対策を行うことにメリットの一つ目は、認知の拡大です。もちろん明日行く店舗を探すために即効性もあります。しかし高単価で、無形のサービスの場合、どこの店舗に行くか決める前に情報検索と比較を入念にする傾向があります。

無形の高単価サービスを提供している場合は、まず知ってもらい・競合と比較しても魅力的な情報発信を行っていきましょう。

メリット②商圏内の見込み客にリーチできる

店舗ビジネスがSEO対策を行うことにメリットの二つ目は、商圏内の熱量が高い見込みのお客様にピンポイントに情報提供ができることです。

SNSの場合は、商圏が決まっていても配信の対象が日本全国になってしまいます。一生懸命配信をしても、全く関係のない地域で人気になってしまう可能性もあります。

効率よく店舗集客するためには、SEO対策が一番おすすめです。

メリット③費用対効果が高い

費用対効果

店舗ビジネスがSEO対策を行うことにメリットの三つ目は、費用対効果が高いということです。店舗ビジネスのSEO対策では、『地域名+サービス名称』で検索順位引き上げることができれば、たったの1ページでこれからの数年間、自動的に集客できることがあります。

このようなページを増やしていくことで、自動的に集客できる仕組みを作ることができるのがSEO対策のメリットです。

1ページの記事作成で50,000円かけたとして、その後5年に渡り毎年500,000万円の売上に貢献したら5年で2,500,000円の売上になります。たったの50,000円の投資で2,500,000円稼いでくれる可能性があるということです。

メリット④広告費用に左右されない

店舗ビジネスがSEO対策を行うことにメリットの四つ目は、広告の予算に左右されないということです。

昨今のコロナウイルスの影響で集客ができなくなってしまった多くの企業の要因はSEO対策を疎かにしていたことです。

『コロナ→売上減少→広告費が捻出できない→さらに売上が落ちる』

このように悪循環になってしまいました。その一方でSEO対策に取り組んだ企業では、『コロナで売上減少→競合の広告が減少→SEOによる集客拡大→売上拡大』という好循環になりました。外部環境の変化に影響を受けにくいのがSEO対策です。

パーソナルトレーニングジムのSEO事例

パーソナルジムのSEO対策の成功事例では、新規の集客が1件/月→80件/月まで増えた事例があります。約80倍の新規集客の増加になりました。SEO対策をしっかりと実施することで、多店舗展開も夢ではありません。大手のポータルサイトに依存しない集客を実現しましょう。

エステサロンのSEO事例

エステサロンのSEO対策では、大手のポータルサイトの契約解除をしても売上が2倍に増えました。美容関連のサービスは今後も市場規模は安定していると言われていますので、しっかりと商圏内で1位の店舗になって安定して売上を拡大していきましょう。

整体のSEO事例

整体のSEO対策では、SEO・MEO対策で検索順位を一気に引き上げて売上を5倍にした事例があります。

競争が激しい業界ですので、検索順位による売上の影響はとても大きくなります。まだSEO対策で集客に成功していない人はすぐに取り組みを開始しましょう。

店舗ビジネスのSEOを内製化したい方へ

SBMアカデミー

店舗ビジネスを行っていて、これからも多店舗展開をしていく予定なので、自社でSEO対策を内製化したい人はWebマーケター養成スクールのSBMアカデミーで学習してください。

SBMアカデミーでは、Webマーケターとして独立できるほどの質の高いノウハウを提供しているスクールです。内製化したい方にもピッタリのスクールとなっています。

まずは無料講座から見ていってください。

店舗ビジネスのSEO対策をプロにお願いしたい方へ

Webマーケティングに時間が取れない方は、Webマーケティングを外部の専門家に依頼してください。自社でWebマーケティング部の立ち上げをする場合の多くで、Webマーケティングのノウハウを身につけた社員が独立・もしくは転職をしてしまいます。

転職・独立のリスクを考えると、外部に依頼した方が良い場合が多くなります。

ぜひご検討してみてください。


sbmアカデミー
snsマーケター養成スクール

たった一度の無料相談が
あなたの会社を変えるかもしれません
毎月3社限定で無料コンサルティングを受け付けておりますので
今すぐ申し込みください