Instagramの投稿が続かない人へ(継続投稿のおすすめの方法)

Instagramの投稿が続かない人へ(継続投稿のおすすめの方法)

Instagramの投稿

Instagramの投稿が続かない人は、当日必ず行うことを必須タスクにして管理することをお勧めしています。前日の夜に翌日のタスクを作成し、翌日朝起きたら再度タスク表を確認して、必ず当日中に実行しましょう。できれば、1日のどのタイミングでInstagramの投稿を実施するかを決めておくと尚良いでしょう。

snsマーケター養成スクール

Instagramの投稿が続かない原因

インスタグラムの投稿が続かない原因は、戦略と計画が作れていないからです。なんとなく投稿しよう!ではInstagramの投稿を継続することはできません。しっかりと目標を決めて、達成までの戦略を定めて計画を作り実行しましょう。

Instagramの投稿を継続した方が良い理由

Instagramの投稿

そもそも何でInstagramの投稿を継続した方が良いのかですが、一番は本数が多ければ多いほどチャンスが生まれるからです。打席に多く立った方がヒットが売れるのと同じように、バズる投稿は毎日投稿の方が作りやすくなります。また、ファンの方々に情報を毎日届けた方がファン離れが少なくなります。なるべく投稿頻度を高めてSNSの運用を実施しましょう。

Instagramのおすすめの投稿頻度・投稿回数

おすすめの投稿頻度は『毎日配信』です。これに越したことはありません。ただ、クオリティを下げてまで毎日投稿にこだわるのではなく、質を高めた上で毎日投稿ができるようにしましょう。一番は質を下げないことですので、毎日投稿が難しければ週5投稿(月・火・水・土・日)などでも良いでしょう。

投稿スケジュールを決める

投稿のスケジュールを決めておくと計画通りに投稿できるようになるかと思います。何となくの投稿はやめてどの内容をいつ投稿するのか決めましょう。

投稿素材を貯めておく

Instagramの投稿

一番のおすすめは、投稿素材を貯めておくことです。5投稿分は完成していて、余裕がある状態などが良いでしょう。ただし、注意点がありましてあまりに貯めてしまうと、直近の動画で改善した方が良い内容が見つかった時に、それを反映できるのが5日後からなどとなってしまうので、溜め込み過ぎには気をつけましょう。

毎日タスクを管理する

Webマーケティング全般に言えることですが、タスクにして当日すべきことを明確にしておかないと、気付けば手をつけずに終了・・・ということがよくあります。

朝起きたら今日行うタスクを確認し、必ず当日中に完了させましょう。そして、明日行うことは前日の夜に全て洗い出してタスク管理表に入れておきましょう。この繰り返しを行っていただければInstagramの運用がうまくいくことでしょう。応援してます。


snsマーケター養成スクール
平井 東

著者

平井 東

株式会社SBMコンサルティング 代表取締役
WEBマーケター養成スクール【SBM Academy】:代表
SBMCの起業塾 代表

経営コンサルティング会社・デジタルマーケティング会社等を経て(株)SBMコンサルティングを設立。WEBを活用して中小企業の売上拡大を支援している。
マーケティング戦略の立案から、SNS・SEO・MEO・リスティング広告・ホームページ制作などの施策を一気通貫で行うことで成果を出している。
経営コンサルティングの国内唯一の国家資格:中小企業診断士の資格を保有
YouTubeチャンネル:中小企業診断士/平井あずま(半年で収益化)
講師実績:大学・セミナー・イベントなど、講師としての実績多数